11月の合宿免許

11月の合宿免許

秋のオフシーズンも真っ只中。比較的空いていて、料金も格安な11月では、お得・快適に合宿免許を受けられます。
お早めにご予約・お問合せを頂ければ、ご希望に沿えるプランで合宿免許を受けられます。
※プランの詳細は各教習所名をクリックして学校ページをご覧下さい。
※ご不明な点はお気軽にお問合せ下さい。

【普通車】合宿免許のオススメ教習所

11月に入校するにはいつから予約が必要?

11月は、結論からいえば、プランにこだわりがない場合は目安として入校日から1ヶ月程度より前、こだわりなどがある場合は入校日から目安として2~3ヶ月程度より前に予約をするとよいでしょう。

11月は、合宿免許のオフシーズン※1、つまり比較的空いている時期になります。このような時期は、基本的には1ヶ月前までは、多くの教習所に空きがあります。そのため、「特定の日にち・教習所・プラン」にこだわりがない場合は、入校日から1ヶ月あればほとんど安心です。逆に入校日から1ヶ月を切ると空きは少なくなり、2週間前になるとお申込みの手続きに使える時間※2も余裕が少なくなります。

「特定の日にち・教習所・プラン」にこだわりがある場合はというと、できるだけ早く予約しておくことが重要です。一つの教習所で一日に入校できる人数は限られていますので、早く予約をした方が優先的に希望通りのプランで入校できるからです。

また、お得に入校したい方は「早割」(最大¥5,000割引)の入校条件※3も考えに入れて早めに申し込むと良いでしょう。入校したい教習所が決まれば、あてはまる教習所ページのトップをチェックすれば、割引情報が見つかります。

多くの場合は、目安として入校日から1ヶ月程度より前に空きを探しても問題はありません。しかし、「お得・快適に合宿免許を受けたい」方は、余裕をもってできるだけ早く申し込むことをオススメします。

11月の合宿免許はどんな服装で行けばよい?

11月は秋から冬にさしかかる季節で、日本のほとんどの地域では肌寒くなると考えられます。合宿免許に行く方も、ある程度の防寒対策は必須になります。基本的には、ジャケットは必須になりますし、パジャマも厚手のものにした方が良いでしょう。ただ、オススメの服装は地域で違ってくる点もありますので、地域ごとにざっと紹介します。

北海道や東北地方北部では、基本的にコートやマフラー、手袋が必須です。持ち物に余裕があれば、寝る時の防寒のため、着る毛布を持ち込んでも良いかもしれません。

東北地方南部や関東では、厚手のジャケットが必須です。日によっては、コートやマフラー、手袋も必要になります。

中部地方以西では、薄くないジャケットやセーターが必須です。日によっては、セーターの上に何かを羽織ったり、ジャケットなどの下にカーディガンやベストを着こんだりするなど、重ね着がオススメになります。ただ、沖縄では長そでのシャツや薄手の上着でも問題ありません。

「日によっては」という言葉が出てきましたが、地方ごとの気温は年によって差があります。天気予報で合宿先の地方の気温や湿度をチェックして、「今年の11月、この地域はこうなるな」と考えておくとよいでしょう。11月は、基本的に荷物がかさばらない程度の厚着が必要になります。決められた入校日・教習所ではどの服装がオススメか気になる方は、I.S.免許センターを通じてご確認ください。スタッフが調査して、丁寧に解説いたします。

7月の合宿免許

8月の合宿免許

9月の合宿免許

10月の合宿免許

11月の合宿免許

12月の合宿免許

電話番号 予約 空き確認