合宿免許のメリット・デメリットをご紹介

合宿免許メリット・デメリット

合宿免許とは

合宿免許とは一定の期間宿泊施設に滞在し、運転免許取得のための教習を集中して受ける事です。合宿免許ならではの様々なメリットがあります。

合宿免許のメリット

合宿免許は、「決められたスケジュールで短期集中」「普段お住まいの場所を離れる」という特徴から、様々なメリットがあります。そのメリットの中でも、特徴的なものを3つご紹介します。

免許の匠×合宿免許 3つのオススメ
通常、普通車AT最短14日間・普通車MT最短16日間で卒業が可能です。
(教習所や入校日によって若干異なります。)
『免許の匠』では、普通車AT最短13日間で卒業可能な自動車教習も紹介中!
合宿免許では卒業までのスケジュールを全て自動車教習所側が立ててくれるため、面倒な技能予約の必要もなく、スムーズに教習を受ける事が出来ます。
通学の場合、技能教習の予約が中々取れず、時期によっては真面目に通っても3ヶ月以上掛かるなんて事も……!
合宿免許の料金システムはパック料金になっているため、宿泊・食事は全て込みとなっています。
教習も卒業まで保証の安心プランを採用しているため、補習や再検定を受ける場合も追加費用は発生しません。※安心プランで申込まれた方に限ります。
交通費も一部支給となっている教習所が多いので、気になる方は遠慮なくお問い合わせ下さい!
(自動車教習所・年齢・入校時期によって違いがあります。)
自宅を離れての合宿生活は、普段の生活では味わえない魅力がたくさんあります。
合宿免許とは言え、朝から晩まで教習漬けというわけではありませんので、空き時間を利用して散策などに出掛けてみたり、郷土料理を楽しんでみたりと、過ごし方は自由自在です。

合宿免許のデメリット

合宿免許は、決められたスケジュールの中、短期間で免許取得を目指します。しかし、裏を返せば通学免許と比べて行動予定に自由度が下がってしまいます。この事によるデメリットをいくつかご紹介します。

デメリット①:まとまった休みが必要

合宿免許では、スケジュールが決まっている分、ほとんどの自動車教習所では原則として免許取得のために釘付けとなります。このため、合宿免許にはまとまった休み(普通車なら2週間程度)が必要になり、日々お仕事をされている方などはやや参加しづらくなります。

デメリット②:通学と比べて教習時間が自由に選べない

合宿期間中も、教習を受ける時間は選ぶことができません。このため、教習スケジュールを中心にしてご自身の日々の予定を決めなければならなくなります。

2月の合宿免許

3月の合宿免許

12月の合宿免許

1月の合宿免許

2020年春の合宿免許おすすめプラン
2019年度の冬休み(年末年始)の合宿免許
電話番号 予約 空き確認