更新日:

合宿免許のおすすめ情報

4月~7月上旬・10月~1月上旬は年間で最も料金が安い時期です。
このオフシーズンを利用してお得に免許の取得をしませんか?限定キャンペーンを行っている教習所も注目!

  • 5月の合宿免許
  • 6月の合宿免許
  • 7月の合宿免許

夏休みの合宿免許受付中!
7月20日頃から9月卒業プランはとても混み合います。人気のプランは早期満室になりますので、ご希望の方はお早めにご相談ください。

  • 合宿免許の空き状況
  • 8月の合宿免許
  • 9月の合宿免許

地域から合宿免許を探す

  • 北海道の教習所・合宿免許情報
  • 東北の教習所・合宿免許情報
  • 関東の教習所・合宿免許情報
  • 中部(北陸・甲信越・東海)の教習所・合宿免許情報
  • 関西の教習所・合宿免許情報
  • 中国の教習所・合宿免許情報
  • 四国の教習所・合宿免許情報
  • 九州の教習所・合宿免許情報
  • 沖縄の教習所・合宿免許情報

合宿免許の激安・最安プランをご紹介

合宿免許の最安ランキング(TOP3)

ランキングの続きは「こちら

お得な合宿免許キャンペーン

口コミが高評価な激安プラン

※2023年下半期の卒業生アンケート実績。最大5.00点。(当社データ)

ランキングの続きは「こちら

『合宿免許』について

『合宿免許』について

合宿免許とは一定の期間宿泊施設に滞在し、運転免許取得のための教習を集中して受けることです。そして、合宿免許ならではの様々なメリットがあります。特に、「短期間で免許を取れる」というメリットは大きいです。多くの場合、普通車AT最短14日間・普通車MT最短16日間で卒業が可能です(教習所や入校日により若干異なる)。

「免許の匠」では、普通車AT最短13日間で卒業可能な免許合宿プランも紹介中!
効率の良いスケジュールで短期卒業が可能です!免許合宿では卒業までのスケジュールを全て自動車教習所に立ててもらえるため、面倒な技能予約の必要もなく、スムーズに教習を受けることができます。

通学の場合、技能教習の予約が中々取れずに時期によっては真面目に通っても3ヶ月以上かかるなんてことも!

免許合宿に必要な費用はフルセット!

だから安心♪免許合宿の料金システムはフルセットのパック料金になっているため、宿泊・食事は全て込みとなっています。

教習も卒業まで保証の安心プランを採用している教習所も多く、その場合は補習や再検定を受ける場合も追加費用は発生しません。

交通費も一部支給となっている教習所が多いので、気になる方は遠慮なく「お問合せ」ください(自動車教習所・年齢・入校時期よって異なる)!

ご当地気分が味わえるのも免許合宿の醍醐味です!

合宿免許とはいえ、朝から晩まで教習漬けというわけではありません。空き時間を利用してレジャーに出掛けてみたり、郷土料理を楽しんでみたりと、過ごし方は自由自在!

お役立ちトピック

お役立ちトピック

合宿免許に関する役立つポイントをまとめています。
不明点があれば、まずはこちらをご確認ください。

普通免許に関わるお役立ちトピック

合宿免許を『目的から探す』

お役立ちトピック

「とにかく安く!値段が最重要」「女性でも安心して行ける所がいい」「せっかくだから楽しいことがしたい!」など、合宿プランにご希望の条件がある方!「免許の匠」が取り扱う教習所を、お客様のご希望に当てはまる条件別に紹介します。

合宿生活は普通車ATで14日間以上になりますので、少しでもストレスが少ない環境が良いですよね。希望に沿った合宿免許を探しましょう。

全国の合宿免許教習所一覧

「免許の匠」が取り扱う合宿免許教習所一覧。

北は北海道、南は沖縄まで「全国80校以上」の教習所を都道府県順にリストアップしています。気になる教習所が見つかればクリックして教習所紹介ページをチェックしましょう。

教習所についてご不明な点がございましたら、「免許の匠」までお問合せください。

山形県の教習所

静岡県の教習所

「免許の匠」とは

免許の匠は株式会社I.S.コンサルティングが運営する、全国80以上の教習所の合宿免許を取り扱う、合宿免許の総合情報サイトです。

「免許の匠」の強み

強み1.取り扱うプラン・車種が豊富!

「免許の匠」は、提携している全国80カ所以上の教習所の中から気になる教習所の情報をお届けします!取り扱い車種も幅広く、普通免許やバイク免許(普通二輪・大型二輪)から、特殊車(準中型・中型・大型・大型特殊・けん引)や二種免許(普通二種・中型二種・大型二種)までのプランを取り扱っています。

さらに、サイト上では車種・地域・目的といったカテゴリーからご希望の教習所をお探しすることができます!安いプランの教習所や食事・設備が充実した教習所など、お客様の様々なご要望に合ったプランも紹介しています。

強み2. 免許の匠だけのオリジナル情報が満載

「免許の匠」ではスタッフの取材に基づく独自の情報も多数掲載しています。

特に充実しているのが、それぞれの教習所ページに掲載されている宿舎の詳しい設備や教習所の魅力(一部の教習所ページで掲載)、そして多数の卒業生の声(レビュー)を掲載しています。ぜひともこれらの情報をご覧になり、お客様の教習所選びや合宿生活への準備にお役立てください。

また、当社社員が実際に合宿免許に行った際の体験記や、春休み・夏休みの合宿免許の申込みが盛んな時期の空き速報など、教習所ページ以外にも免許の匠だけが取り扱うオリジナルの情報もございます。

免許の匠では、お客様の「ココが知りたい!」という情報を日々追求して、これからもいろんなオリジナル情報を提供してまいります。

強み3.教習所探しから合宿後まで丁寧にサポート!

「免許の匠」を通してお問合せいただいたお客様には、最適なプランで円滑にお申し込みいただけるよう、合宿プラン選びやお申し込みといった複雑な部分をしっかりサポートいたします。

お申し込みいただいた後も、出発時のトラブルや教習生活の不安、帰宅時の不明点まで、お客様がよりよい合宿生活を送れるように様々なご相談にお応えします。

また、「免許の匠」では、「地域から探す」「お支払方法」など、合宿プラン探しやお問合せの際に役立つ情報から、「免許取得に関わるよくある質問」といった合宿中や合宿後にも役に立つ情報まで、様々な情報を提供しています。

関連ページ
会社概要:サービス・サポート

オススメの合宿免許や教習所の選び方

オススメの合宿プランや教習所と選び方

北海道から沖縄まで全国に数多くある自動車教習所。その中にはオススメの教習所や合宿プランもたくさんあります。

そして、オススメの教習所や合宿プランは地域や入校する時期によって変わってきます。合宿免許の地域でいうと関東や関西は人気が高く、取得できる車種のバリエーションが多かったり、交通網が発達していたりするのが特徴です。九州もオススメできる地域のひとつであり、温暖な気候や暖かい県民性も好評です。

時期でいうと2月~3月にかけての春休みは多くの高校生や大学生、専門学校生が長期休暇を利用して合宿免許へ行くため、一年の中で最も自動車学校が賑わうシーズンです。早く、安く短期間で免許を取得したい方にはオススメです。

また、オススメの教習所や合宿プランは「女性専用の合宿プラン」「自炊プラン」「同時教習ができる教習所」「二輪車専用コース付きの教習所」「豊富な入校特典」など、お客様の望む条件や目的によっても変わってきます。特に女性の方には、レディースプランや特典、設備が充実している教習所もあるため「女性一人での合宿は不安」という方にピッタリの教習所もあります。その他にも「マリンスポーツができる」「スキー・スノボができる」「温泉に入れる」「カップルプランがある」教習所などもあります。

教習所を選ぶ時には「行きたい地域」「入校したい時期」「やりたいこと」といった条件や目的を基準に選ぶとあなたにオススメの教習所が見つかるでしょう。

関連ページ
合宿免許を地域から探す
合宿免許を車種から探す
合宿免許を目的から探す

1年の中で合宿免許に参加する狙い目の時期は?

合宿免許に参加する狙い目の時期は?

例年、大型連休の夏休み・春休みは学生の方々のお申し込みが集中することもあり、ほとんどの教習所では教習料金が高く設定されています。ですので、狙い目としては、やはりその期間を避けた4月~6月・10月~11月だといえるでしょう。7月~9月の夏休み期間や12月~3月の春休み・冬休み期間と、4月~6月・10月~11月の教習料金を比較すると10万円ちかく安く入校できる場合もあります。

狙い目の時期(4月~6月・10月~11月の期間)に入校して「最短でのストレート卒業」を目指しましょう!例えば普通車MTだと最短16泊17日、普通車ATだと14泊15日間で卒業が可能です。他車種(二輪車・大型車・二種車など)は各運転免許によって決められた技能教習・学科教習の時限数を最短で組まれた教習スケジュールに沿ってこなしていただきます。

※自己都合での遅延はないようにしましょう!最短でスケジュールが組まれていることで教習所によっては数日間伸びてしまう可能性があります。

「教習についていけるか不安」「最短で卒業できるかな?」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方はストレートでご卒業されています。最短で卒業するためには、教習スケジュールの間に定められた筆記と実技をしっかり学ぶ姿勢を持つことが何より大事です。

最短期間で卒業することにはメリットがたくさんあります。教習所の中には、最短卒業者限定の入校特典を実施しているところもあります。また、夏休みや冬休み・春休みなどの長期連休を利用して参加される場合、定められた期間で集中してストレート卒業することで、その後の休みが自由に使えることでしょう。最短で卒業できず、卒業まで25日や30日とかかってしまった場合、延泊料金等、費用もかさんでしまうこともあります。合宿免許に参加するからには、メリットがある狙い目の時期(4月~6月・10月~11月の期間)の入校で最短での卒業を行いたいものです。

関連ページ
合宿免許の安い時期

合宿免許の口コミってどのくらい信頼できる?

合宿免許の口コミについて

スマートフォンの普及により、インターネットやSNSを使って手軽に情報の共有ができるようになりました。
いい声も悪い声も個人がすぐに発信できるので、情報の広がりも早く、口コミ情報として収集され、より身近な声を聞けるようになってきました。そして手軽に情報が手に入ることと、企業が謳っている宣伝文句より、消費者側の意見の方が信憑性があると受け入れられてきました。

しかし、口コミ情報には消費者を装って良い意見を書こうとする企業もあります。実際にグルメサイトや知識共有サイトなど、意図的に好意的な投稿を業者から依頼されたとして、問題にもなりました。
では情報の受け手として、無数にある口コミからどういった口コミが信頼できるものといえるのでしょうか。
合宿免許では、「宿泊施設」「設備」「食事」「周辺施設」「教官や学校の雰囲気」「入校生の割合」「友達ができるのか」など、様々な情報があります。

中には、よい口コミが乱立してよくない意見が少なかったり、投稿日が近すぎたり、べた褒めしすぎで胡散臭かったりと、あやしい口コミもたくさんあります。一概にはいえませんが、本当に体験した声というのは、自然と食事が満足だったことに対して「美味しかった」また、設備がよかったことに対して「綺麗だった」など一言でまとめられている物、「食堂のおばちゃんが親切だった」などすぐ伝えたくなるような内容が多い傾向にあります。

口コミ情報を参考にする際はこのようなところも意識すると、自分にとって信頼できる情報を得られる可能性が高まります。どれが本当でどれが嘘の情報か、実際に体験したことのないことに対して判断をするのは難しいですが、信頼できる口コミを見つけるため、ひとつの情報だけで判断してしまわず、多くの情報を見て判断していきましょう。

関連ページ
卒業生の口コミ・レビュー

合宿免許に必要な持ち物やあると便利なものは?

合宿免許に必要な持ち物やあると便利なも

一定の期間遠くに滞在して教習を受けに行く合宿免許には、必需品や便利アイテムがあります。さらに、技能教習では服装を制限される場合もあります。

まずは、必需品についてご紹介します。手続きに必要な印鑑や書類と様々な生活用品がこれに当たります。書類には本籍地記載の住民票と本人確認書類(運転免許所持者は免許証)があり、生活用品には着替えや充電器などがあります。また、宿舎や学校によって、校則として持っていく必要があるものや宿舎に備えてあるため持っていかなくてもよいものもあります。必要な所持金については、現地払いになる仮免費用(最低限で¥2,850)の他に食費・観光費なども計算に入れた金額となり、教習所ごとに異なります。

服装に関しては、四輪車と二輪車で共通する点と異なる点があります。スカート・付け爪不可(女性の方は要注意)・眼鏡などが必須といった点では四輪車と二輪車で共通しています。四輪車では、サンダルなど、かかとの不安定な靴は不可になります。二輪車の場合、バイク用ヘルメットを装着し、動きやすく露出を減らした服装が必須になります。

便利アイテムでは、健康維持や美容のための防寒・防暑グッズや衛生用品、充電器をはじめとする電子機器の使用に欠かせない延長コード付き三又コンセント、冬の厚着には欠かせない衣料圧縮袋・ハンガーなどがあります。

最後に、持ち物の多さに対処するための方法を紹介します。まずは、学校の設備や宿舎の備品を確認します。ついでに、宿舎のネット設備も調べておきましょう。ちなみに、ホテルに宿泊する場合はアメニティが充実しているため、持ち物が少なくてすみます。そして、持ち物リストを作り、それをもとにチェックしていけ安心です。また、教習所の中には入校特典として荷物を無料で郵送してもらえるところもありますので、利用してみるのもひとつの手段です。

関連ページ
合宿免許の持ち物
【運転免許】必要な住民票について

なぜ合宿は通学より安いの?

なぜ合宿は通学より安いの?

合宿免許の料金(値段)について

合宿免許には「通学免許に比べて値段が安い」というメリットがありますが、その料金の仕組みはどうなっているのでしょうか。料金の仕組みを理解してうまく活用することで、よりリーズナブルに合宿免許を受けることができるでしょう。

どうして合宿免許は通学より安いの?

合宿免許の値段が安い理由は色々ありますが、主なものにはスケジュールの効率性があります。通学免許では生徒自身がスケジュールを決めることで教習所はスケジュールを調整することとなり、手数料や料金がかかってしまいます。一方、合宿免許の場合は、教習所がスケジュールを組むため、そのような手数料や料金はほとんどかかりません。教習所がスケジュール調整の手間や手数料を省けることが値段の安くなる大きな理由です。

合宿免許は安いけど、料金には何が含まれているの?

「免許の匠」に掲載されている合宿免許の料金には、少なくとも教習費と宿泊費、保証範囲内の費用が含まれています。さらに、食事つきのプランだと食事代も含まれます。また、自動車教習所の中には、入校特典の費用を料金に含めたり交通費として一部の料金を払い戻したりする教習所もあります。
コストパフォーマンスの面でも、免許取得には合宿免許がオススメです。

※プランの中には教本代・写真代などが含まれていないものもあります。

入校期間で料金が変わるけど、どういうこと?

合宿免許の料金は、普通車でも期間によって20万円程だったり30万円を超えたりする値段になることがあります。その理由は、合宿免許にもオンシーズンとオフシーズンがあるからです。仕組みとしてはホテルや飛行機の料金に近く、生徒が多く集まる夏休み・春休みなどのシーズンは料金を高く、それ以外の時期は料金を低く設定しています。料金の推移はそれぞれの教習所によって異なりますので、教習所ページの「料金」ページのカレンダーと料金表で値段をご確認ください。

もっと安い値段にする方法はあるの?

条件や車種、教習所の違いによっては、料金ページの値段からさらに割引される場合があります。
割引されるパターンとしては、早割やグル割(グループ割引)を利用する方法があります。早割なら申込時期と入校日、グル割なら同時に申し込む人数で一定の基準を満たせば、それぞれ数千円程度の割引が適用されます。
また、キャンペーンを利用する方法もあります。教習所の中には、オフシーズン中に格安のキャンペーンを行うところもあります。
それぞれの方法には、年齢や車種など適用条件がございますので、詳細は教習所ページをご確認ください。

格安でリーズナブルな合宿免許ですが、入校期間によって料金が異なったり、学校やプランによって料金に含まれる範囲が異なったりします。「免許の匠」を通じてご相談をいただければ、ご希望の条件でリーズナブルな値段での免許の取り方も紹介します!

関連ページ
合宿免許の値段・費用ってどれくらい?値段の相場や安い時期について解説します
免許取得に関わるよくある質問:合宿免許はどうして通学より安いの?
普通車の激安・最安値プラン
普通二輪の激安・最安値プラン
大型二輪の激安・最安値プラン
準中型車の激安・最安値プラン
中型車の激安・最安値プラン
大型一種・大型二種の激安・最安値プラン
早割・学割・グル割でお得な教習所

「免許の匠」はここが安心!

指公協の賛助会員・DSAAの正会員

  • 指定自動車教習所公正取引協議会会員証
  • 全国自動車教習所エージェント協会会員証

株式会社I.S.コンサルティングは「指定自動車教習所公正取引協議会」(指公協)の賛助会員であり、「一般社団法人 全国自動車教習所エージェント協会」(DSAA)の正会員です。詳細は下記リンクをご確認ください。

関連ページ
会社概要:加盟団体