大型二種

【大型二種免許】合宿免許のおすすめプラン

【大型二種免許】合宿免許のおすすめプラン

大型二種の免許を取得するなら「安く・早く」取得できる合宿免許がおすすめです。合宿は最短で効率よく運転免許取得を実現できます。少しでも安く実現できる給付金制度や19歳から取得できる特例教習、教習のコツやモデルスケジュールなど様々な情報を発信しています。

更新日:

空き確認[無料]

▼空き確認・相談は電話が早い▼

電話でお問合せ[無料]
TEL:0120-55-4142

平日・土日祝 10:00 - 19:00

大型二種の合宿免許一覧

現在所持されている免許によって、料金や卒業までの日程がかわります。
限定条件が付されているかどうか確認する方法は以下の確認をお願いいたします。

免許証のココを確認!

自身がどの車両まで運転できるかを赤線で囲われている箇所で確認することができます。

合宿免許のメリットとデメリット

メリット① 最短で取得できる

中型免許以上の方は最短6泊7日、普通免許所持の方は最短15泊16日で取得できるのが合宿免許の一番のメリットです。最短日数で効率よく免許の取得!

規定教習時間と最短日数について

大型免許所持の場合
技能教習:第一段階 … 8時限・第二段階 … 10時限
学科教習:第一段階 … 7時限・第二段階 … 12時限
最短日数:6泊7日
中型8t限定MT免許所持の場合
技能教習:第一段階 … 12時限・第二段階 … 17時限
学科教習:第一段階 … 7時限・第二段階 … 12時限
最短日数:12泊13日

メリット② 時期により料金が安い

合宿免許は時期により料金が変動するため、繁忙期シーズンでは非常に高い設定ですが、閑散期では通学よりも安い料金で免許取得を目指すこともできます。

デメリット 連続した休みの調整が必要

合宿免許は早く取得できるのがメリットではありますが、連続した休みの確保が必要になります。合宿期間中は一時帰宅はできないため、予定の確保が難しい方はデメリットになるでしょう。

関連情報

※普通二種の教習が中心とした解説ですが、大型二種でも共通している内容があります。

二種免許の教習内容とモデルスケジュール
二種免許の教習内容とモデルスケジュール

大型二種免許の合宿に関係する諸制度

教育訓練給付制度について

最大20%の教習料金が支給される「教育訓練給付制度」をご存じですか?
「教育訓練給付制度」とは、働く人が更に能力アップを目指して新しい国家資格などを取得したいと思った時に、これを支援し雇用の安定と、再就職の促進を図ることを目的とした雇用保険の給付制度です。
下記の条件に当てはまる方は対象となる可能性があります。

  • 雇用保険の被保険者として雇用された期間が通算3年以上の方(初めての方は1年以上)
  • 離職者は、離職の翌日から受講開始までが1年以内であること
  • 過去に給付制度を利用したことがある場合は、利用後3年以上経過していること
  • 65歳未満の方

お手続きの詳細や、利用できる教習所一覧などは「教育訓練給付制度」が利用できる教習所ページをご確認ください。

適性診断【合宿免許で同時に受診可】

プロドライバーとして働く際に、適性診断が必要になる場合があります。特に、新たに採用されて働く際には多くの場合「初任診断」が必要になります。

適性診断に関する詳細な情報や、合宿免許と同時に取り扱っている教習所については、下のページでご確認ください。

受験資格特例教習

受験資格特例教習の合宿免許

受験資格特例教習の制度によって、大型二種免許の取得条件が一部緩和されます。

制度に関する詳細な情報や、合宿で受験資格特例教習を受けられる教習所については、下のページでご確認ください。

受験資格特例教習

大型二種免許で目指せるキャリア

大型二種免許では、私たちが街中でよく見かけるような大型バスを運転することができます。自動車による旅客を行う業界では必須のスキルといえます。これでも十分、就職に有利な資格となりますが、大型二種免許が有利になるのは旅客を扱う業界だけではありません。テレビ中継車や移動図書館、検診車といった、バスと同じような構造を持つ車の運転士の募集条件に大型一種ではなく大型二種を求めるところもありますので、その点でも就職に有利になります。

それに加えて中型車・普通車の運転(営業・非営業両方)ができるということ自体も大きなスキルです。いわゆる「はたらくくるま」を運転したい方にとっては、大型二種免許は目指すべき大目標といっても差し支えないでしょう 。

関連情報

大型二種免許とは。費用・期間・流れを徹底解説
大型二種免許とは。費用・期間・流れを徹底解説

関連情報

合宿免許の最安・格安情報

合宿免許に役立つ情報