大型特殊

【大型特殊免許】合宿免許のおすすめプラン

大型特殊免許取得のオススメプランはこれ!激安お得プランや給付金情報なども掲載

大型特殊車はその名の通り、特殊な車両を運転するために必要な運転免許です。単体で取得するケースもあれば、大型免許や中型免許、けん引免許と一緒に取得する方も多くいらっしゃいます。大型特殊免許は単体で最短3泊4日で卒業できる、他と比較して手軽に取得できる免許と言えるでしょう。全国の最安プランや、合宿免許を行っている教習所一覧、お得な情報まで紹介しますので是非最後までお読みください。

更新日:

空き確認[無料]

▼空き確認・相談は電話が早い▼

電話でお問合せ[無料]
TEL:0120-55-4142

平日・土日祝10:00 - 18:30

大型特殊免許の合宿免許一覧

合宿免許のメリットとデメリット

メリット

最短4日間で取得可能

大型特殊免許を合宿で取得する場合は最短4日間で卒業できます。(普通免許ありの方)

入校する時には卒業までのスケジュールが全て組まれていますし、大型特殊は延泊率が非常に低い為に殆どの方が最短で卒業されています。大型特殊免許を取る方は仕事や家庭での都合を調整して免許取得の時間を作っていると思います。

4日間調整できればほぼ確実に卒業まで目指せるため、他の予定も安定しやすいのが合宿免許で取得を目指す最大のメリットでしょう。

デメリット

スケジュールが詰まっていることは、デメリットになる方もいると思います。

合宿の場合は決められた期間は教習を優先する必要があり一時帰宅はできません。大型特殊であれば4日間を合宿免許のために調整する必要があります。この様にまとまった期間を確保することがデメリットにもなりえますが、スケジュール調整できる方であればメリットが強いの合宿免許です。

大型特殊免許でできること

大型特殊車免許は、所持免許なしでもチャレンジ可能で、大型特殊自動車、小型特殊自動車、原動機付き自転車の身を公道で走らせることができる、というプロ系免許の中でも少し毛色の違う免許なのですが、キャリアの中でどう使えるかをご説明します。

大型特殊車免許が重宝される場所は多岐にわたります。工事現場での労働ブルドーザー・パワーショベル・クレーン車、工場や流通の世界ではフォークリフト、農場では大型トラクターやコンバイン、自衛隊では戦車や装輪装甲車、道路掃除業では除雪車…と、機械化された仕事の世界では重宝されるといっていいでしょう。

ここで注意しておきたいのは、あくまでも「公道で運転できる」としかいわれていない事です。よって、その機能をフルに使い、仕事で活かすためには、それぞれの車種ごとに特別な講習・資格が必要なのです。自衛隊車両はもちろんフォークリフト、除雪車にも専用の資格があります。合宿免許を受ける前に、車両の各機関の操作に必要な資格をリストアップしておくことをオススメします。

関連情報

合宿免許の最安・格安情報

合宿免許に役立つ情報