合宿免許のモデルスケジュール

ここでは、普通車免許(所持免許なし)を合宿で取得する際のプロセスについて解説します。
他車種についてはお問い合わせ下さい。

※普通二輪の場合は二輪免許取得スケジュールをご覧ください。

合宿免許の時間割例 【普通車ATの場合】

下記のスケジュールは一例です。実際のスケジュールとは異なります。

普通車AT:合宿免許のスケジュール例

技能教習
技能教習1時限50分
学科教習
学科教習1時限50分
応急救護
応急救護の教習。
適正検査
運転に関する状況判断能力や、行動の正確さなどを自覚して頂くための検査。
視力や聴力の検査も行います。
効果測定
学科試験に備えた模擬テスト。
仮免学科試験
仮免学科試験のために受ける学科試験のこと。
修了検定
仮免学科試験のために受ける技能試験のこと。
卒業検定
教習所を卒業するために受ける技能試験のこと。

入校から運転免許証交付までのスケジュール

合宿免許期間※1

入校説明・適性検査※2

第一段階

技能教習
(MT15時限以上・AT12時限以上)
教習所内コースを使って基本操作から、安全運転の様々な技術までを習得します。(1日2時限)

みきわめ

学科教習
(9時限)
交通法規や交通ルールなど、車を運転する上で必要な基礎知識を学びます。

効果測定

修了検定(技能)
検定前に発表される所内の試験コースを走行する技能教習。70点以上で合格。

仮免学科試験
50問の正誤式テスト。9割以上正解で合格。

第二段階

技能教習
(MT19時限以上・AT16時限以上)
路上での運転や高速道路での教習など、実際の運転に即した教習が行われます。(1日3時限まで)

みきわめ

学科教習
(16時限)
高速道路の走り方・経路設定・応急救護など、運転知識と安全を学びます。

効果測定

卒業検定(技能)※3
路上の課題(指定された経路を走行)
所内の課題(方向変換・縦列駐車のいずれか)
合格なら卒業となり、卒業証明書が交付されます

免許取得手続き※4

受付

本試験
住民票のある都道府県の運転免許試験場で適性検査(視力等)と学科試験を受けます。(技能試験は免除)

合格者講習・免許証用写真撮影

  • 教習期限は教習を開始してから9ヵ月です。
  • 視力が基準に達していない場合は、入校できません。必ず事前に確認してください。
  • 卒業検定の実施期限は、教習終了から3ヵ月以内です。また、卒業証明書の有効期限は1年間です。
  • 下記の持ち物をご用意ください。
    仮免許証/住民票(免許証所持者は免許証)/卒業証明書/申請用写真/筆記用具(HBの鉛筆、消しゴム、ボールペン)/印鑑等/手数料(¥3,800)

空き速報

4月の合宿免許

ゴールデンウィーク合宿免許特集

5月の合宿免許

普通車激安

電話番号 予約 空き確認