関東の教習所・合宿免許特集【おすすめスポットも紹介!】

更新日:2020/10/09

関東の特徴

関東地方の写真

「設備が充実した教習所で合宿したい」という方には関東の合宿免許をオススメします。特に都内の方はアクセスもしやすいためオススメです。
関東は教習所も多く、互いに設備やサービスなどの質を切磋琢磨しています。外国語に対応していたり、バイクやプロ免許など普通車以外の免許に特化していたり、宿泊や休憩の設備が充実していたりと、教習所によってサービスは多種多様です。そのため、関東の教習所は人気が高く、関東をはじめとする全国から多くの方が入校します。その分早く満室になりやすいため、ご予約はお早めに!
関東圏内の教習所では他の地方と比べて教習料金が高い傾向にありますが、閑散期のキャンペーンを利用して格安で行く事が出来ます。相部屋プランが多いですが、グループ入校では貸切も出来るプランが多い為に、学生のグループに好評です。貸切出来るかどうか都度確認が必要なので、お気軽にご相談ください。

関東のおすすめスポット

茨城、埼玉のおすすめスポット

 都市圏外のおすすめスポットとして、東京・神奈川を除いた県(教習所が各1つしかないため)で、教習所や宿舎から行ける代表的なものをご紹介します。
茨城県を代表するスポットには、「水戸黄門」としても知られる徳川光圀が晩年を過ごした「西山荘」(常陸太田市)や日本三大稲荷の一つ「笠間稲荷」(笠間市)などがあります。また周辺施設の「笠間芸術の森」では、アスレチックや陶芸美術館などを楽しむことができます。また偕楽園、鹿島神宮、袋田の滝、JAXA筑波宇宙センターなど、歴史・未来・自然・都市を感じるスポットが揃っており、牛久大仏やアクアワールドといった日本有数のスケールを誇る名所もあるため、関東を十分に満喫できることでしょう。
 埼玉県の教習所周辺には、県を代表するスポットが多数あります。県名発祥の地とされる「さきたま古墳群」およびその隣にある「前玉神社」(行田市)やうちわ祭りで知られる「八坂神社」など、関東の伝統文化を感じられるスポットが充実しています。また、武士の時代の史跡も多く、 “小江戸”と呼ばれる川越市の街並みや関東の名城「忍城」(行田市)などは、一度立ち寄れば見ごたえを感じられます。

千葉、栃木のおすすめスポット

千葉県を代表するスポットには、市原市のゴルフ場(日本一ゴルフ場が多い)や工業夜景といった都会ならでは名物スポットがあります。バスや電車で少し足を伸ばせば、東京湾に浮かぶパーキングエリア「海ほたる」や写真映えする「市原湖畔美術館」などもありますので、素敵な思い出を残してみてはいかがですか。
 栃木県の教習所は主に那須地域と足利市周辺に多いため、この2地域の名所についてご紹介します。関東屈指のリゾート地・那須地域は、バラエティに富んだ名所が数多くあります。「那須ガーデンアウトレット」などのショッピング施設、「もみじ谷大吊橋」などの景勝地、「那須テディベアミュージアム」などの博物館は、那須地域ならではの雰囲気があります。室町将軍家発祥の地・足利市は、様々な文化施設が集まります。日本最古の学校といわれる「足利学校」や足利氏ゆかりの寺院「鑁阿寺(ばんなじ)」などの史跡のほか、イルミネーションや大藤で有名な「あしかがフラワーパーク」や世界屈指の陶磁美術館「栗田美術館」などの見ごたえのある施設が多数ありますので、空き時間に立ち寄ってみてはいかがですか。
 群馬県を代表するスポットには、近代西洋美術を集めた「群馬県立近代美術館」を含む「群馬の森公園」、バラ園が見所の「敷島公園」などがあります。前橋駅や高崎駅のホテルに宿泊される方は、バスや電車で少し足を伸ばすことで、重要文化財の和風建築「臨江閣」(前橋市)や県名物のだるまで知られる「少林山達磨寺」(高崎市)なども体験できます。また、草津をはじめとする温泉地や尾瀬高原、鬼押し出しなど自然の名所が豊かです。

関東の交通アクセス

関東地域の写真

多くの学校が関東からのご入校を想定して経路を考えていることもあり、首都圏内とそれ以外の地域からでは入校の際の交通手段が変わります。
首都圏内からご入校される場合、在来線を使ってのご入校がメインです。首都圏からは1時間台で着く教習所がほとんどです。
遠方からのご入校の場合、主に最寄までの深夜バスを使うことになりますが、バス停の場所や時刻表次第では前泊もあり得ます。また、交通費は他の地方に比べて低めに支給する教習所が多いところにも留意しておく必要があります。

合宿プランを探す

春休みの激安合宿免許

1月の合宿免許

2月の合宿免許

3月の合宿免許

電話番号 予約 空き確認