12月の合宿免許【最安プランをご紹介】

12月の合宿免許

12月前半は2022年内に免許を取得する最後のチャンスです!
このページをチェックして、お得なプランを見つけましょう!

年末年始に合宿免許をお考えの方へ

今が問合せチャンス!12月のオススメプラン

【シングル・相部屋】最安プランをご紹介!

【関東・関西地方】最安プランをご紹介!

【関東地方】最安プランをご紹介!

【関西地方】最安プランをご紹介!

スタッフオススメプランをご紹介!

12月の合宿免許の料金は?

冬の期間、お得に合宿免許を受けるなら12月がオススメです。

学校によっても異なりますが、12月の料金はオフシーズン、またはそれに近い料金となり、合宿免許の入校者がピークとなる2月・3月に比べて料金が安く設定されています。

プラン/時期 オンシーズン(税込料金) オフシーズン(税込料金)
MT相部屋 26~33万円前後 21~22万円前後
MTシングル 29~35万円前後 22~24万円前後
AT相部屋 23~32万円前後 20~21万円前後
ATシングル 27~33万円前後 20~22万円前後

※オンシーズン:料金の相場(2018年8月)/オフシーズン:料金の相場(2018年10月)
※教習所によってはこの料金の範囲外となる場合もあります。

12月の中でも、前半をオフシーズンとして料金設定している教習所も少なくありません。オフシーズンとピークのシーズン(2月~3月)では、部屋プランで3万円~11万円程度、シングルプランで7万円~11万円程度の差があります。一方、後半はオフシーズン料金よりやや高くなる教習所も多いです。お得な料金で申し込みをするなら12月、特に前半が狙い目です!

また、早割や学割、グル割などのキャンペーンを実施している教習所もあります。このような割引をうまく活用すると、さらにお得になります。

12月の入校プランについて詳しく知りたい方、気になるプランを見つけた方は、お電話、またはお問い合わせフォームからご連絡ください!

12月の合宿免許は空いているの?

12月は、前半と後半で空き状況も異なります。翌年の1月~3月に比べれば希望に合う条件で申し込みしやすい時期ですが、冬休み期間中の12月後半に差し掛かる日程は、例年10月の段階で満室になります。
よって、冬休みの日程にかぶらない入校は年間最安値の閑散期プランで合宿免許を実現できます。希望車種によって最短日数が異なりますが、多くが12月の1週目入校を目安にすると良いでしょう。

・車種別最短日数
 普通車AT(13泊14日)、普通車MT(15泊16日)

また、「早く、効率良く免許を取得する」という点から見ても、12月前期の入校がオススメです。
12月の終盤や年末に入校する場合、年末年始に休校期間と設定している教習所もあるため、その分の教習期間も伸びてしまいます。

12月後半の合宿免許をお考えの方は、年末年始をどう過ごせるかもチェックするとよいでしょう。一時帰宅ができて往復の交通費を教習所が負担してくれる教習所や、そのまま滞在ができる教習所もあります。I.S.免許センターにご相談いただければ、専門のスタッフがあなたに最適な合宿免許プランを探し出してご提案いたします。

関連ページ
合宿免許のよくある質問:いつ頃申し込めばいいの?
オンシーズンやオフシーズンでの申し込み方の違いは上記ページをご覧ください。
合宿免許の最短期間!普通車ATなら最短14日/最短合格率約70%
年末年始の合宿免許特集

12月の合宿免許は防寒対策が必要?

12月は冬の寒い季節となります。合宿免許でも、屋外で行う技能教習など、冬の寒さを感じる場面が出てきます。このため、12月の合宿免許では防寒対策が必要となります。

そこで、合宿免許中の防寒対策についてご紹介しましょう。

服装については、自動車の運転をすることを想定して、運転に邪魔にならない程度の保温性がある上着を選ぶとよいでしょう。また、マフラーがあると運転中も首元が温かくて便利です。

冬は、夜になると冷え込んできます。寝る時でも、温かいパジャマや「着る毛布」などの防寒具があると安心です。

冬は寒くなるだけでなく、車内や宿舎内の空気も乾燥します。お肌の乾燥には化粧水ミストや保湿クリーム、のどの乾燥にはのど飴やのどスプレーなどを準備して対策するとよいでしょう。

健康管理は、早い・楽しい合宿免許のために欠かせません。冬の合宿免許では、健康管理のために、しっかり防寒対策をしておきましょう。

二輪・特車のご希望の方はお電話を!

「免許の匠」では普通車以外にも二輪・特車のプランのご案内を行っております。ご希望の方は「車種から探す」ページからご希望の車種をお選びいただくか、「免許の匠」までお問合せください。