1. 免許の匠トップ
  2. 目的から探す
  3. 同時教習ができる合宿免許一覧【格安プラン特集】
  4. 【普通車×普通二輪(バイク)】同時教習の合宿免許を取り扱う教習所一覧

【普通車×普通二輪(バイク)】同時教習の合宿免許を取り扱う教習所一覧

パック教習のある自動車学校です。複数車種の免許をまとめて取得出来るプランのため、費用も単独教習を繰り返すよりお得になります。

「取得希望の免許はまとめて取りたい!」そんな方はぜひこちらの教習所をご利用下さい。

【普通車×普通二輪(バイク)】同時教習の取扱い校一覧

東北

関東

中部

中国

四国

九州

【注意点】普通車と普通二輪車(バイク)の同時教習

まとまった日数の確保が必須

普通車AT単体では最短14日間、普通二輪車MTの単体は最短9日間です。同時教習の最短日数は以下の通りです。

普通車MT+普通二輪MT 最短日数:22泊23日
普通車AT+普通二輪AT 最短日数:21泊22日

受講する教習が増えるため最短日数が長く、20日以上まとまった休みを確保する必要があります。

覚えることがたくさんある

単体教習では、その対象車種の運転技術向上に集中することができますが、同時教習では両方を一気に進めていくため覚える事もたくさんあります。もちろん日数も長いので習得するにあたっては十分に時間はとれますが、今日は車で明日はバイク、というように日によって運転する車両が変わる事もあります。

不慣れな環境での長期間の生活によるストレス

不慣れな環境は心身共に大きなストレスをあたえます。車とバイクの合宿は20日間以上の合宿生活になりますので、心身に与えるストレスは単体教習よりも大きいでしょう。長期間での見知らぬ土地での生活に順応できる対応力が必要です。

合宿免許では取扱いが無い時期がある

同時教習は2つの車種を組み合わせたもので、いわゆる特別なプランです。繁忙期シーズンなど教習所が忙しい時期は受入を行っていない場合があります。

普通車と普通二輪車の同時教習を選ぶメリット

単体でそれぞれ取得するよりも割安

同時教習の方が単体でそれぞれ取得するよりも5万円以上割安になる事も珍しくありません。また、免許センターで免許の発行や更新をする時も1度で済みますので手続きも楽です。

短期間で取得できる

同時教習の方が短期間で取得できます。単体でそれぞれ取得した場合は、免許証を発行してから2つ目の車種を取得するために教習所に再度行く必要があります。手続きの手間を考えても同時教習の方がはるかに早く取得できます。

関連情報

合宿免許を地域から探す

合宿免許を目的から探す

合宿免許を出発地から探す

合宿免許を各月で探す

合宿免許をシーズンで探す