準中型免許とは?取得の費用や流れなど徹底解説

準中型免許とは?準中型5t限定との違いは?乗れる車は?
よくある疑問解決から、免許取得の費用や流れまで徹底解説!

準中型免許とは?

2017年3月11日に道路交通法の改正があり、新しく準中型免許が新設されました。準中型免許は免許経歴無しで2tトラックを運転出来る運転免許です。
この法改正により普通免許で2tトラックが運転できなくなり、仕事で2tトラックを運転する方は準中型免許の取得が必要となりました。

※一部の2tトラックでは中型免許が必要な車両があります。必ず運転前に準中型免許で運転が可能か確認しましょう。

準中型免許 準中型5t限定免許 普通免許
車両総重量 7.5t未満 5t未満 3.5t未満
最大積載量 4.5t未満 3t未満 2t未満
乗車定員 10人以下 10人以下 10人以下
視力・深視力 あり なし なし
運転できる車両 3t 2t 1t

※運転できる車両は目安です

準中型5t限定とは?

2007年6月2日以降、2017年3月10日以前に取得した普通免許のことを指します。
上記の表のように、現在の普通車より大きな車両を運転する事ができますが、準中型免許より運転できる車両が小さく定められています。

準中型免許で乗れる車は?

準中型免許では2tトラック、またそれ以上の3tトラックの多くを運転する事が出来ます。
デュトロワイドキャブや、クレーンがついているユニック車などは車両総重量が超える場合があります。運転可能かどうかは事前に必ず確認する様にしましょう。
ここではいすゞ自動車の車両を例に挙げご紹介します。

メーカー いすゞ
車両型式 TRG-NJR85A-EE6AA-D
車両重量 2,210kg
車両総重量 4,375kg
乗車定員 3人

※参照元:https://www.isuzu.co.jp/cv/data/elf/01shogen.html

上記は他の一般的な2tトラックのスペックとほぼ同様です。見て分かる通り、車両総重量が4.375tのため、普通免許では運転できません。
準中型免許では5t未満となるため、この2tトラックは運転可能です。

メーカー いすゞ
車両型式 NKR88A-EJ6AA-D
車両重量 2,390kg
車両総重量 5,555kg
乗車定員 3人

※参照元:https://www.isuzu.co.jp/product/elf/model/hira/pdf/18ELF_7_8.pdf

上記は他の一般的な3tトラックのスペックとほぼ同様です。
こちらは車両総重量が5.555tとなるため、準中型5t限定免許では運転ができません。多くの3tトラックは準中型免許以上の運転免許が必要となります。

準中型の限定解除について徹底解説

2007年6月2日以降、2017年3月10日以前に取得した普通免許の方で限定解除をご希望の方は以下の方法で行う事ができます。

①運転免許試験場に行き、試験に合格する(一発試験と呼ばれるもの)

②教習所で技能教習を受講し卒業する

上記の2つの方法のいずれかで試験に合格し、運転免許センター(試験場)にて免許の手続きを行います。

一発試験と教習所ではどちらが簡単?費用は?

試験の難易度について

一発試験で評価対象となるものは運転の上手さだけではありません。
乗車の際の安全確認はもちろんのこと、車両に乗る準備から下りて安全な位置に移動するまでの行動を見られています。
運転技術だけではないことから、一発試験では実質一発で合格する人は多くありません。限定解除の場合は教習期間が短い事から、教習所で技能教習を受講し、試験に合格、そして限定解除手続きを行う方が多くいらっしゃいます。

費用について

教習所に通う場合は、もちろんのこと教習料金がかかります。
運転免許試験場にて一発試験を受講する場合は、試験にかかる費用のみとなります。
もし一発で合格する事が出来れば、教習料金の方が高くなりますが、試験に落ち続けてしまい教習所にやむを得なく通う方もいらっしゃいます。その場合は通常よりも高い費用がかかってしまうことになります。

一発試験の場合の詳細(警視庁ホームページを参照)

受験資格

・18歳以上の方。
・限定された準中型免許を現に受けている方。
・住所が東京都の方。

限定解除後の免許更新時における適性検査は、大型免許と同じ基準(視力0.8以上、深視力実施)となります。
免許更新時に適性検査に合格しない場合、下位免許にあたる普通免許や原付免許となってしまう可能性があります(AT限定のみ解除の方は除く)。

手数料

2,850円(受験料1,400円、試験車使用料1,450円)

審査に合格しないと、その都度受験料、試験車使用料がかかります。

※参照元:「警視庁ホームページ」準中型免許限定解除審査(直接試験場で審査を受けられる方)

教習所で技能教習を受講する場合

入校資格

・18歳以上の方で限定された準中型免許を所持している方。
・視力や適性検査に合格する方(入校時に適性検査があります)。
・その他入校条件は教習所により異なりますので必ずお問合せください。

教習料金

5t限定AT免許所持 5t限定MT免許所持
通学免許 10万円前後 7万円前後
合宿免許 7万円~12万円 7万円~12万円

※教習料金は上記の様に、通学免許か合宿免許かにより異なります。また、合宿免許の場合は教習所により料金の差が大きく、シーズンによっても変動があります。

費用について比べると、一発試験は試験にかかる手数料のみの支払いとなるため、非常に安価です。
一発で合格した体験記をブログで綴っている方もおられますが、実際の合格率は1割、2割や3割とも言われています。教習所に行くと7万円~10万円かかるため、単純に2850円で割った場合約24回分の試験料になります。

24回あれば合格できるだろう!!!と思う方もいらっしゃるかと思いますが、一番の問題は試験の予約がスムーズに取れるかどうかです。
時間の余裕がある方は、一発試験を通い続けると良いかもしれません。試験後には試験官よりアドバイスもいただけるので、何回か挑戦していくうちに合格できる可能性があります。

すぐにでも限定解除したい!!とご希望の方は教習所にお問合せしてみましょう。ここでは教習所に通った場合、実際にどれ位の時間がかかるのかを解説していきます。

技能教習必要最低時間 必要日数
5t限定AT免許所持 8時限 最低5日
5t限定MT免許所持 4時限 最低3日

MT所持の方は最低4時間で終了するため、3日間で完了します。
もしすぐにでも限定解除をしたい方は教習所で技能教習を受講した方が早く終わる可能性が高いです。

通学と合宿ではどっちが良いの!?

準中型の教習に使用する車両は、各教習所で数台しかもっていないのが一般的です。取り扱いが無い教習所もあります。台数が少ない為、予約が取りにくいのが実状です。問合せたけれど、予約が取れない…。そんな事もありえるでしょう。
まずは地元の教習所に問合せ、もし希望日程までに卒業が出来ない場合は合宿免許を検討する事をおすすめします。合宿免許の場合は最短3日で卒業する事が出来、入校時に技能教習の日程も組まれているので安心です。

準中型免許を取得する方法(限定解除以外)

一発と合宿どちらがおすすめ?

限定解除

限定解除の方は一発に挑戦しても良いかもしれません。しかし一発で合格する可能性は低い事、また次の予約がすぐ取れない可能性があるので時間に余裕のある方におすすめの方法です。

普通免許所持/普通二輪所持/免許無し(原付所持含む)

一発試験の合格率は限定解除と比べてさらに下がります。教習所で技能教習を受け、卒業する方法をおすすめします。

通学免許と合宿免許の費用の違いについて

所持免許無し 普通免許MT所持
通学免許 約40万円 約17万円
合宿免許 約35万円~45万円 約15万円~19万円

準中型免許は費用がとても高額です。通学免許では40万円前後が多く、合宿免許の費用は35万円~45万円となります。
合宿免許の費用の差は、繁忙期と閑散期の違いです。閑散期でキャンペーンを行っている時期に上手く申込出来ればとても安価に免許の取得を実現する事ができますね。

準中型免許の取得にかかる期間について

所持免許 技能教習 学科教習 最短日数(目安)
第一段階 第二段階 第一段階 第二段階
なし or 原付 or 小特 18 23 10 17(14) 18日
普通免許MT 4 9 - 1 6日
普通免許AT 8 9 - 1 8日
普通二輪 16 23 - 3 17日
大特 13 18 - 5(2) 14日
普通二種MT 4 5 - 5日
普通二種AT 8 5 - 7日

第一段階(基本操作および基本走行)では1日に受けられる技能教習の教習時間が2時限まで、第二段階(応用走行)では1日に受けられる技能教習の教習時間が3時限までとなります(法令)。
二種免許を希望する場合で、その免許の一種免許を所持している方は、第一段階でも1日3時限までの教習が可能となります。

教習期限は9ヶ月以内(大特・けん引の場合は3ヶ月以内)となります。
ただし、仮免許証取得後の有効期限(6ヶ月)や、みきわめ修了後の検定受験期限(3ヶ月)により、教習期限は短縮されます。

医師等の資格がある方は応急救護処置教習が免除されるため、( )内の学科教習時限数となります。
医師・歯科医師・保健師・助産師・看護師・准看護師・救急救命士・消防署等の救急隊員・日本赤十字社救急法指導員・等

関連ページ
合宿免許の車種別最短教習時間一覧

教習所に入所して準中型免許取得を目指す場合は、所持免許無しの方は18日以上、普通免許MT所持の方は6日以上の日数がかかります。
この日数は技能教習含め全てが最短で予約が取れた場合、または合宿免許で最短の日程を組んだ場合になります。
教習所での所持台数が少ない事から、通学でも合宿でも予約が取りにくいのが実状です。準中型免許の取得をお考えの方は早めに計画を立て、教習所の予約をする事をおすすめします。

関連ページ

準中型免許を合宿でご検討の際にはこちらをチェック!

【準中型車】激安・最安値の合宿免許プラン特集

準中型免許のよくある質問

昔に普通免許を取得したのですが、私の免許は準中型5t限定免許ですか?何処で確認できますか?
2007年6月2日以降、2017年3月10日以前に取得した普通免許は準中型5t限定免許です。免許証の「免許の条件等」に準中型車は準中型車(5t)に限るの表記があるか確認ください。
または、失効歴がなければ免許の取得日でも確認可能です。失効など含め特殊なケースもありますので、対象期間に免許を取得した記憶があり、限定の記載がない場合は最寄りの免許センター、または警察署にお問合せください。
関連ページ
全国の運転免許試験場一覧
履歴書にはなんて書けばよいですか?正式名称が知りたいです。
省略せずに以下の通りに書きましょう。
『準中型自動車第一種運転免許(5t限定) 取得』
準中型免許でハイエースは乗れますか?
通常の仕様のハイエースは運転可能です。運転可能かどうかは必ず車検証を確認の上、運転する様にしましょう。
準中型免許はAT限定がありますか?
ありません。しかし、5t限定にはAT限定があります。限定解除の際にはMTよりも必要な時間数が多くなっています。
電話番号 予約 空き確認