合宿免許の激安・格安プランをご紹介!さらに安くなるコツも解説

合宿免許 激安プラン/普通車プランは早い者勝ち

少しでも安い合宿免許プランをお探しですか?
本ページでは、激安・格安の合宿免許プランをご紹介しています。
さらに少しでも費用を抑えるコツもご説明!
安さにこだわりたい方は是非ご覧ください。

更新日:2020/11/18

2021年春休みの激安プラン

どうすれば安く合宿免許に行ける?

オフシーズンを狙おう

この記事を読むのに必要な時間は約5分です。

合宿免許では、オフシーズン、つまり入校生があまり多くない時期に入校すれば、安い料金で入校できます。具体的な時期で言えば、4月~7月中旬・10月後半~12月・そして1月上旬がオフシーズンに当たります(教習所によって具体的な期間は異なります)。この時期は、普通車ATの相部屋(3食付)では、税込20万円未満で入校できる教習所も出てきます。

オフシーズンを活用する具体的な方法を少し解説します。

事例1:ゴールデンウィーク連休の利用
ほとんどの教習所では、ゴールデンウィークもオフシーズンとして料金設定されています。この設定のため、連休とその前後に予定を1週間程度完全に空けられる方は、ゴールデンウィークを利用して格安で教習を受けられます。
事例2:長期休暇期間の確認
一部の高校・大学・専門学校は、長期休みが他の学校よりずれています。この場合、一部の教習所のオフシーズン期間へ滑り込むように入校することもできます。学生の方は、自身の長期休暇期間を確認して入校時期を探すのがオススメです。

他にも教習所のオフシーズン期間にご自身の予定を完全に空けられる期間がないか、一度確認してみましょう。

それでは、なぜ合宿免許でオフシーズンが発生するのでしょうか。手短に言えば、合宿免許が長期休暇中の学生を主な顧客としているからです。顧客の数はシーズンで変動し、長期休暇シーズン(7月後半~9月中旬・1月後半~3月)に多くなり、そうでないシーズンにはとても少なくなります(下図参照)。

検索データで分かる!各月合宿免許の注目度(当社調べ)
各月合宿免許の平均検索ボリューム
2019年(1月~12月)において、1ヶ月平均でどれだけ検索されたかを示す表です。
このことから、ネットを使う層の人々のうち、オフシーズン入校を目指す人とそうでない人の数の比を推測することができます。

ここまで変動すると、多くの教習所は長期休暇中のニーズに合わせた体制で運営されているので、オフシーズンには設備・指導員が余ってしまい、この分余計なコストがかかってしまいます。この運営体制のため、多くの教習所ではオフシーズンの料金設定を削れるまで削り、できるだけ多くの入校生を集めようとしているのです。

教習所のオフシーズンはお得な期間です。とはいえ、多くの人にとって、オフシーズンは学校の授業などと重なるため入校しにくい時期でもあります。それでも、プラン探しの際は、空いている期間を一度再確認し、自身が入校できる最安値の日程を考えることをオススメします。

キャンペーンを上手に活用しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約1分半です。

教習所では様々な割引キャンペーンを行っています。中でも代表的なものに、「グル割(グループ入校割引)」「学割(学生割引)」「早割(早期申し込み割引)」があります。これら3種キャンペーンの割引額は、大体の相場として1種ごとに5千~7千円程度になります。施行されるキャンペーンや1種ごとの割引額、キャンペーンの適用条件は教習所によって異なりますが、最大で1万5千円程度の割引を受けられることになります。

これらの割引キャンペーンは、ほとんどの場合オフシーズン以外でも活用できます。少しでも安く入校したい方は、キャンペーンの条件をしっかり確認し、うまく活用して入校しましょう。

交通費支給額を確認しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約2分です。

合宿免許では、多くの場合お住まいの場所から遠く離れた教習所に入ります。もちろん、学校まで移動するための交通費は支払わなければなりません。このため、合宿免許にかける費用を安く済ませたい方は、交通費のことも視野に入れることをオススメします

交通費の支給額は、教習所やお住まいの地域、教習車種によって異なります。全額支給もあれば一部支給のケース、支給されないケースまでさまざまです。また、交通費の計算方法も教習所によって異なり、出発地から校舎最寄り駅までの電車賃であったり、お住まいの地域関係なく特定の地点からの交通費であったりすることもあります。

合宿免許で発生する料金は、教習料金だけではありません。本当に安く免許を取得したい方は、教習費用だけでなく、交通費など他の必要経費も考える必要があります。

自炊プランを上手に活用しよう!

この記事を読むのに必要な時間は約1分半です。

合宿免許では、3食付プランだけではなく一部、または全く食事の提供がないプランもあります。食べられないものがある(アレルギー等)方、地元の名物を楽しみたい方、食材のやりくりに慣れている方にとっては、3食付プランよりも食事が出ないプランの方がお得になるでしょう。

ただ、食材のやりくりに慣れていないと外食ばかりになったり、食材を余らせたりすることがあり、余計なコストになります。また、料理を作る(または調達する)ための時間や手間もかかり、より有意義なことに時間を割くことができないといデメリットもあります。

合宿生活をお得に過ごすには、食事がないプランのメリット・デメリットも考え、食事の出ないプランを活用できるかどうか判断することが重要です。

安い宿泊プランを選ぼう!

この記事を読むのに必要な時間は約3分半です。

合宿免許の宿泊プランは、教習所直営の寮に泊まるもの、教習所が外部の提携するホテル・旅館に泊まるものなど、様々なタイプがあります。宿泊タイプによって料金がどのように異なるか、その傾向を簡単にご紹介します。

直営の寮と外部提携ホテルのプランを取り揃えている所では、多くの場合において、外部提携ホテルよりも教習所直営の寮に泊まるプランの方が安くなり、シングルよりも相部屋に泊まるプランのほうが安くなります。

図:各プラン料金の相場(当社調べ)
プラン/時期 オフシーズン
(税込料金)
オンシーズン
(税込料金)
直営寮
相部屋
21万~23万円前後 32万~34万円前後
直営寮
シングル
23万~25万円前後 34万~35万円前後
ホテル
シングル
26万~28万円前後 36万~40万円前後

※オフシーズンは2021年4月の相場、オンシーズンは2021年2月で最も料金が高い時期の相場を参考にしています。
※表の料金は、税込料金で1,000円の位を四捨五入したものです。
※教習所によってはこの料金の範囲外となる場合もあります。

ただ、安いプランには注意点があります。教習所寮は多くの場合においてホテルよりも設備等の質が下がってしまいますし、相部屋ではシングルに比べて一人の時間が作りにくくなってしまいます。一方で、教習所寮の多くは校舎から通いやすい、相部屋ではシングルよりも友達を作るきっかけを作りやすいなど、安いプランの中には、安さとはまた別のメリットがあるプランも少なくありません。

合宿免許で安く教習を受けたい方は、各教習所・各宿舎の特徴を見ながらにはなりますが、原則として安い宿泊プランを探すことが重要です。

まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約1分半です。

合宿免許の料金は、入校日や宿泊プランによって異なります。また、料金自体は少し高くても、割引がある、交通費が出るという点で総合的に見れば安く教習を受けられるプランもあります。

しかし、様々な観点を視野に入れつつ、入校可能な日程の中で最も安い期間を探す、ということはあまり簡単でないことと思います。

また、コストパフォーマンスという観点では、最安値だからといって最もお得だとは限りません。安く入校するといっても、宿舎の条件など、受けたいメリットや許容できるデメリットを整理する必要もあります。

『免許の匠』では、ご希望の条件をお問い合わせいただければ、様々な条件を整理したうえで、「一人一人にとって一番お得」なプランを提案いたします。

電話番号 予約 空き確認