【普通二輪免許】費用・期間・流れを徹底解説

ここでは排気量400CCまでのバイクが乗れる普通二輪免許の取得について徹底解説します!

これから運転免許の取得を検討されている方向けに、費用や期間、免許取得までの流れを説明。

普通二輪免許とは

普通二輪免許では排気量400CC以下の自動二輪(バイク)を運転することができます。

16歳から取得することができるために、普通車より早く取得することができる運転免許の一つです。

近年ではビッグスクーターと呼ばれるAT車の普及から、普通二輪AT限定の免許を取得する方もいらっしゃいます。

普通二輪免許で乗れるバイク

短い距離向けの50CC

「原付」とも呼ばれる50CCタイプのスクーターは手軽に乗れるので短い移動に便利で人気です。50CCのバイクは二人乗りは出来ないこと、高速道路の運転ができないことがデメリットですが、それに勝る手軽さが魅力です。

人気急上昇の125CC

50CCより大き目な125CCのスクーターは通勤の足に人気急上昇!実際に125CCのバイクを運転すると50CCのバイクの運転よりも疲れにくく、ストレスを感じにくいためおすすめです。少し狭めではありますが二人乗りも可能です。
※一般道での二人乗りは二輪免許を取得してから1年を経過している必要があります。

コスパ最高の250CC

250CC以下のバイクは車検がないことを知っていますか?251CC以上の排気量を持つバイクは必ず車検を通す必要があり、コストアップになります。250CCでも多くの人気車があり、中距離以上のツーリングにも十分なパワーを持っています。

ずっしり重みを感じる400CC

普通自動二輪免許で運転できる最も大きいサイズのバイクが排気量400CCです。数多くのバイクが各メーカーから発売されており、400CCのサイズはツーリングにも最適の大きさです。もちろんAT限定のスクータータイプもあります。短距離の移動よりツーリング目的、または中長距離の移動に向いています。

普通二輪免許の取得にかかる費用を解説

教習所に通う場合(合宿含む)は、教習料金や各種書類の交付代などの諸経費がかかります。もっとも大きな金額となるのが教習料金でしょう。

弊社でご紹介している合宿免許の場合は、時期により大きくことなりますが、所持免許無しの方の合宿免許は約10万円~15万円程でご案内できます。(※2021年4月時点)

教習所に行かず一発で取得することは出来るの?

結論から申し上げますと、可能です。しかし、デメリット(リスク)があります。

教習所に行かず最寄りの免許センター(試験場)で受講する一発試験の多くが、一回で合格できません。何回も何回も受講してようやく合格する方が多く、結果的に多く費用がかかってしまったというケースもあるようです。

一つの選択として検討するのは良いですが、教習所に行き卒業する方法が確実でオススメです。

合宿免許でのプラン例

普通二輪免許の取得までの流れ(スケジュール)

入校から免許証交付までのスケジュールをチェック!

普通二輪車免許(MT/所持免許なしor原付免許所持)を合宿で取得する際のプロセスについて解説します。

※指定教習所を卒業することで運転免許試験場での技能試験が免除されます。
※AT車や大型二輪についてはお問い合わせ下さい。

適正検査

先行学科(1時限)

第一段階

学科教習(9時限)
交通法規や交通ルールなど、車・二輪車を運転する上で必要な基本知識を学びます。
技能教習 (MT9時限)
教習所内コースを使って基本操作から、安全運転の様々な技術までを習得します。

第二段階

学科教習(16時限)
技能教習(MT10時限)

卒業検定(技能)

卒業証明書交付(教習所卒業)

卒業証明書の有効期限は1年間です。

運転免許試験場へ

本試験(適正・学科)
卒業証明書をもって住民票のある都道府県の運転免許試験場で適性検査(視力等)と学科試験を受けます。(有料・技能試験は免除)

一年以内に運転免許試験場で本試験を受けてください。

免許証交付(即日発行)

適性検査とは

教習所に入校する際に必ず行われる運転の適性を確認するための試験です。入校時には視力検査もありますので眼鏡やコンタクトが必要な方は必ず忘れないようにしましょう。

※両眼で0.7以上、かつ片眼で0.3以上。片眼の視力が0.3に満たない場合は、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上。

時間割について

合宿免許で入校した際の時間割を紹介します。※以下は例となり実際のスケジュールとは異なります。

教習所スケジュール

教習所スケジュール:アイコンの説明

教習について

バイクに乗ったことがないのでちゃんと卒業できるか心配…。そんな声も合宿でお申し込みの際に頂きます。クラッチとギアの操作、低速運転でのクランチや一本橋、スラロームなど運転技術が必要です。

バイクも自転車と同じで(厳密には全然違いますが)、コツをつかめば簡単に感じるでしょう。むしろ簡単に感じてきた後の方が重要かもしれません。バイクの運転では肌の露出がない服装やヘルメット、必要に応じてプロテクターを着用しますが小さな事故が大きな怪我に繋がる可能性が高いからです。運転技術はもちろんのこと、安全意識もしっかりと身につけていきたいですね!

関連ページ
知って納得!バイク教習の疑問を詳しく解説!
全国の運転免許試験場一覧

普通免許をお持ちの方向け情報

普通免許で運転できる二輪車は、50CC以下と決められています。実質50CCの原付と呼ばれるバイクの運転になりますので125CCや400CCのバイクを運転することができません。そこで普通二輪の取得を検討される際に必要な情報を、よくある質問にお答えする形で紹介します。

学科試験は免除される?教習所で何を受ければいいの?
普通免許所持の方は学科が免除されます。
普通免許を持っているとどれくらい費用が安くなるの?期間は短くなる?
合宿免許で普通二輪を取得する場合、教習所により変わりますが費用と日数はあまり変わりません。合宿免許ではあらかじめ費用が安めに設定してあることも多いですので、大きな割引を設定しているところが少ないのかもしれませんね。期間は1日短くなる、または変わらない教習所もあります。

普通免許と普通二輪免許はどちらを先に取るのがオススメ…?

未だ普通免許を持っていない方で、普通二輪の免許も検討されてる方もいらっしゃると思います。また就職先で両方の免許が必要というケースもあります。「どっちを先に取得した方がいですか?」という質問をいただくことがあります。結論をお伝えすると、どちらから取得しても大きな違いはありません。割引される金額も大きな違いはなく、学科が免除されるメリットも両方にあります。

合宿免許では両方一気に取れちゃうプランがあるのをご存じですか?

普通免許と普通二輪免許の両方を合宿で一気に取得できるプランを提供している教習所があります。個別で取得するより料金がお得になるケースがあるので、未だ普通免許も持っていない方におすすめです!

普通二輪免許のオススメ情報

電話番号 予約 空き確認