合宿免許・運転免許・車に関する用語集(た~と)

運転免許用語集

合宿免許や運転免許のキーワード(た~と)を50音順に掲載!
気になる言葉に遭遇したら、ぜひ活用下さい!

合宿免許の用語(た~と)

第一段階 自動車教習の二段階制において、先に行うもの。
技能教習では教習所内で基本操作及び基本走行を学び、学科教習では路上で運転する時の基礎知識を学ぶ。この段階で技能・学科試験(修了検定)をクリアすると、仮免許公布となる。
第一種免許 日本における道路交通法上の免許区分のひとつ。
自動車や原動機付自転車を一般的な目的で運転する場合に必要な免許である。
類:第二種免許
代行運転普通自動車 酒気帯びなどの事情があって運転出来ない客に代わって専門の業者が運転する、顧客の車。
運転する際には二種免許が必要となるほか、運転中には専用のマークを前後の見やすい位置につける必要がある。
大特 大型特殊自動車
第二種免許 日本における道路交通法上の免許区分のひとつ。
バスやタクシーなどの旅客自動車を旅客運送のため運転しようとする(営業ナンバーの乗用自動車で、旅客を乗せて商業的な活動をする)場合や、運転代行の業務として自動車を運転する場合、すなわち旅客運送契約遂行として自動車を運転する場合に必要な運転免許である。
類:第一種免許
第二段階 自動車教習の二段階制において、後に行うもの。
技能教習では実際の路上や高速道路(こちらはシミュレーターの場合有)での教習が行われ、学科教習では第一段階の学習を踏まえて運転時の危険要因や特殊な状況下での運転について学ぶ。また、応急救護や安全運転ディスカッションが行われるのもこの段階である。
この段階で技能・学科試験(卒業検定)をクリアすることで卒業となる。
ダイバーシティアンテナ アンテナを複数使用し、もっとも強い電波を受信しているアンテナに自動的に切りかえるシステムのアンテナ。
タイヤ 車輪のリムを丸く囲む帯状の構造で、路面・地面あるいは軌道の上を転がる踏面(トレッド)を形成するものの総称。
タイヤチェーン 雪道でのスリップ防止のために、タイヤに特定の方法で巻きつけられる鎖。鎖は駆動輪に巻きつけられ、クリップ付きのチェーンバンドなどで固定される。
待避所 せまい坂道において、行き違いになることを防ぐために少し道幅が広くなった場所を指す。
近くに退避場所がある場合、退避場所がある側の車が道を譲ることになる。
タコメーター 一般に回転計といわれているエンジンの回転速度を表す計器。
類語・対義語
オドメーター
立ちごけ 二輪車を操作する際に、二輪車にまたがった状態でバランスを崩して転倒すること。
停止したり低速で走行したりするとき、足の着きが悪いと起こりやすくなる。
ターボチャージャー エンジンの補助装置の一種。エンジンが動く時に出る排気ガスを利用してタービンを回し、シリンダー内に混合気体を圧縮して送り込む。
燃費の効率化などのメリットがある。
ダンプトラック 荷台を傾けて積載物を重力で滑り降ろす構造のトラックを指す。「ダンプカー」ともいう。
最も広く利用されている運搬用機械で、骨材、コンクリートなどの運搬に使用される。
公道上を走れるものとそうでないものがあり、 区別するときには公道上を走れるものを普通ダンプトラック、 そうでないものを重ダンプトラックと呼ぶ。

チャイルドシート 安全を確保するため身体を座席に固定する、子供専用の車載用装置のこと。
平成11年6月より6歳未満の子供に装着を義務付けられた。
さらに平成12年4月より反則点数と反則金の適用が開始となった。
チャイルドロック ドアを内側からは開けられないようにするシステム(外側からは開く)。
走行中に子供が不用意にドアを開けないように採用されている。
中央線 対面通行での対向側との境界線。
交通量が多い首都圏の一部の道路では朝と夕方で中央線の位置が変移する道路もあり、その場合は可変式の標識で位置が現示される。
中型車 小型特殊自動車・大型特殊自動車・普通自動二輪車・大型自動二輪車以外で次のいずれかに該当する自動車。
車両総重量が7.5t以上11t未満のもの、最大積載量が4.5t以上6.5t未満のもの、乗車定員が29人以下のもの。
類語・対義語
特定中型自動車
駐車 車の継続的な停止(人の乗り降りや、5分以内の荷物の積み下ろしの為の停止を除く)や、運転者が車から離れていてすぐに運転できない状態の停止をいう。
運転席に運転手がいても継続的な停止をした場合、駐車になる。
類語・対義語
停車
駐車違反 駐車禁止の場所・時間帯に駐車を行った場合、違反となる。
駐車余地 当該車両の右側の道路(車道)上に三・五メートル(「駐車余地」の道路標識等により距離が指定されているときは、その距離)以上の余地がないような場合、駐車してならならい。
(荷物の積みおろしを行なう場合で運転者がその車両を離れないとき、もしくは運転者がその車両を離れたが直ちに運転に従事する事ができる状態にあるとき、又は傷病者の救護のためやむを得ないときを除く)
駐停車禁止 駐車も停車もしてはならないこと。
チルトステアリング ハンドルの傾きを調節する機構。

ツアラー 快適に長距離を移動できるように作られたバイク。楽な姿勢で乗れるようにしたり、カウリングを付けて風の抵抗を防いだりといった工夫がなされている。
通学免許 地元の教習所に通いながら、運転免許取得を目指す方法。
通行止め 道路が事故、災害、気象条件の悪化、工事などのために道路管理者や警察の判断により通行できなくなること。
ツーリング オートバイを使って移動する事を主軸とした旅行である。

定期点検 一定以上の出力または排気量を持つ自動車が、文字通り一定期間(期間は車両のサイズや出力によって異なる)で、認定された期間によって行われる、法規に基づいた点検。
車検とは別である。
類語・対義語
車検
日常点検
定格出力 自動車では、モーターが良い条件で安定して出せる最大の出力のことをいう。単位はkw。
停止距離 運転者が危険を感じてからブレーキを切り、車が完全に停止するまでに車が走る距離。
大きく二つに分けられ、運転者が危険を感じてからブレーキが実際にきき始めるまでの距離を空走距離、ブレーキがきき始めてから停止するまでの距離を制動距離という。
停止禁止部分 前方の交通状況によって停止する恐れがある場合進入してはいけない場所。
警察署や消防署などの前につけられる。
停止線 車両の停止位置を示す必要がある地点で、車両が停止する場合の位置である事を示す標示。
主に交差点などで、先頭車両が停止するべき位置を示すものである。
停車 駐車にあたらない短時間の車の停止を指す。
例えば、人の乗り降りや、5分以内の荷物の積み下ろしのための停止は、駐車には当たらないが、停車には該当する事となる。
類語・対義語
駐車
停車違反 停車禁止の場所・時間帯に駐車を行った場合、違反となる。
ディスクブレーキ 自動車のブレーキの一種。
車輪と一体で回転する鉄製のディスク(=円盤)を、両側からパッドで挟み付けて止めるという仕組み。構造上、放熱性があり汚れにくい。
制動力が安定している一方で、力そのものはドラムと比べ強くない分、主に前輪に用いられる。
類語・対義語
ドラムブレーキ
ディーゼリング エンジンキーを切ってもエンジンが停止せずにかかりっぱなしになる状態。
ランオンともいう。
ディーゼルエンジン シリンダ内に空気だけを吸いこみ圧縮して高温(500~700℃)にし、そこへ燃料の軽油を噴射して、自然着火により爆発させ動力を発生させるエンジン。
定地走行燃費 「平坦な道路を一定の速度で走行したとき、ガソリン1Lでどこまで進めるか」という燃費の基準の一つ。速度は、日本では60㎞/hが基準。
適性検査 職業・学科などにおける特定の活動にどれほど適した素質をもっているかを判定するためのもの。
視力・色彩識別・聴力・学力・身体能力等、運転に関する状況や動作の速さ、正確さなどを自覚するための検査。
手信号 警察官や運転者などが道路(とくに交差点)において、交通整理または意思表示のために行う指示する行為または、その指し示す表示の事である。警察官や交通巡査員による手信号が信号機の信号と異なる場合、前者の指示に従う。
デフロスター 四輪車において、窓ガラスの曇りを除く装置。
エアコン内のシステムとして湿度の低い温風を吹き付けるほか、電熱線を使用したものもある。
デュアルパーパス 舗装路でも未舗装路でもある程度走れるように作られた、文字通り「二つの(=デュアル)用途(=パーパス)」を持つ自動二輪車の事。
デリニエーター 路端や道路線形を示すために配された丸い小さな反射板。
ドライバーの視線誘導の役目を果たす。
高速道路では、50メートル間隔についている。
転回 Uターン
点数制度 運転者の過去3年間の交通事故・違反に対して一定の点数をつけ、その合計点数がある基準に達した場合に、運転免許の取り消しや停止処分を行う制度。

登坂車線 上り勾配の道路において速度が著しく低下する車両(例えば重量の大きな車両や特殊車両など)を他の車両から分離して通行させる事を目的とする車線をいう。
道路 歩行者、自動車などが通行するために設けられた通路。
法律上は道路法上の道路と、建築基準法上の道路がある。
道路法の「道路」は公道であり、道路構造令による幅員・構造などの基準が定められている。
建築基準法上の「道路」は公道以外に位置指定道路なども含む。
それ以外のものは法律上は「道路」とは位置づけられず、「道」などと呼ばれる。
道路交通法 道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資する事を目的とする日本の法律である。
略して「道交法」ともいう。
道路標示 道路の交通に関しての規制や指示を路面や記号に表示したもの。ペイントや鋲で表される。
道路標識 道路の傍らに設置され、利用者に必要な情報を提供する表示板である。
交通事故を未然に防ぐための規制・危険箇所への警戒喚起、指示・案内による交通の円滑化などを目的に設置される。
類語・対義語
本標識
補助標識
特定中型自動車 中型自動車のうち、車両総重量が8t以上11t未満、最大積載量が5t以上6.5t未満、または乗車定員が11人以上29人以下のものをさす。マイクロバスなどがこの分類にあたる。
8t限定中型免許を持っているとき、その限定解除をすることでこの車両を運転することが可能となる。
特定届出自動車教習所 人的基準・物的基準・運営的基準に適合するものに対し公安委員会より指定を受けた自動車教習所。
道路交通法第108条の2の定めにより大型免許、中型免許、普通免許、二輪免許、二種免許を取得する際に、応急救護処置・高速教習・危険予測等の義務づけされた講習を取得時講習というが、この取得時講習を特定届出自動車教習所が特定教習を行う事により、取得時講習を免除される教習所。
飛び込み 指定自動車学校へ通学せず、試験場・免許センターで実施される技能試験等を直接受験する事を指す。
ドライビングスクール 自動車学校
ドライブ・バイ・ワイヤ 自動車において、人間による操作部分の動きを、電気信号に変換して操縦・制御する方式のことを指す。
アクセルやステアリングなどの動きに、「バイ・ワイヤ」とつけて呼ばれることも多い。
トラクション タイヤが地面を蹴って前に進もうとする力。地面との摩擦係数や荷重などによってその大きさが変わる。そのため、二輪では体重のかけ方などで大きさを変える技法もある。
トラクションコントロールシステム 自動車の発進時や加速時に、エンジンやブレーキを制御する装置。
滑りやすい道でタイヤが空回りしてスリップすることを防止する役割を持つ。
ドラムブレーキ 自動車のブレーキの一種。
車輪の内部に取り付けたドラム(=円筒)の内側に摩擦材(ライニング)をつけたブレーキシューが装着され、ブレーキを踏むとシューが外側に押し付けられた摩擦で車輪を止めるという仕組み。
低コストで制動力そのものが強い一方、放熱性に難があるため、主に後輪に用いられる。
類語・対義語
ディスクブレーキ
取消処分 運転免許の今後における効力を失わせる処分。
交通違反や交通事故を起こしたとき、または自動車等を運転すると著しく道路交通の危険が生じる恐れがあるときに執行される。
取消処分者講習 運転免許の取り消し、拒否処分等を受けた方が、再度、運転免許を取得する際に必ず受講しなければならない講習。取消処分者講習を受講すると取消処分者講習終了証書(1年間有効)が交付される。
取消処分者講習終了証書 取消処分者講習を受講すると交付される。
1年間有効。
トリップメーター 走行距離を表すメーターで、カウンタ-をゼロにして自分の計りたい区間を計測できる。
トルク エンジンの回転による駆動力のこと。
トレッド ①右のタイヤの中心と左のそれとの間の距離。
②タイヤが地面と接する部分と、それに刻まれた溝。溝の刻み方や、設置部分の材質であるゴムの質が走り方に大きく影響する。
トレーラー 牽引用自動車に引かれて、荷物や旅客を運搬する車。この場合、けん引する方をトラクターという。
ドロップヘッドクーペ カブリオ
電話番号 予約 空き確認