合宿免許のよくある質問(合宿について)

合宿免許を熟知した匠がお答えします!

合宿について
公認校と非公認校の違いは?
公認自動車学校(指定自動車教習所)とは、各都道府県公安委員会から定められた教習・検定ができると認められた自動車学校です。『免許の匠』で取り扱う教習所は、すべて公認自動車学校です。
公認自動車学校では仮免許試験および本免許の技能試験を代行する事ができるため、技能試験が免除されますので(合宿卒業後1年間以内)、卒業後に試験場で受ける試験は学科のみとなります。
一方で、非公認の自動車学校(未加盟届出教習所)は、各学校独自のカリキュラムに則って教習を行います。そのため、技能試験免除がありませんので、試験場に出向いて技能・学科の両試験を受けなければなりません。
関連ページ
用語集:公認自動車学校
どうして短期間で終わるの?
合宿免許では、入校から卒業までのスケジュールを全て教習所側が組んでいます。このことが、短期間で卒業できる大きな要因なのです。では、スケジュールを組んであるとなぜ早く卒業できるのでしょうか。
理由の一つは、通学免許のように技能教習の予約を一々とる必要がないためです。この事で、技能予約が取れずに教習期間が延びることがなくなります。
また、まとまった時間内で技能・学科を同時進行で受講できるという要因もあります。この事で、効率的な日程で授業を受けられるとともに、授業に集中することもできます。
どうして通学免許より安いの?
入校から卒業までのスケジュールを教習所側が組むことで効率的に教習を行えることが、安くなる要因の一つです。
通学免許では、生徒の都合に合わせて予約の変更やキャンセルに対応する必要があります。そのため、教習生のスケジュールを管理する手間がかかります。
一方、合宿免許ではあらかじめ教習のスケジュールを組んでいるため、日程を管理する手間がかからないうえ、同じ期間で多くの教習生を受け入れることができます。この効率性のため、通学免許に比べて安くなることが多くなるのです(入校時期やプランによって異なります)。
関連ページ
普通車激安プラン特集
時期によって料金が違うのはなぜ?
合宿免許には繁忙期と閑散期があります。繁忙期は主に学生等の長期休み等で需要が高まるため料金が高く調整され、閑散期は繁忙期に対して需要が低下するため料金が低く調整されるのです。
理屈としては、交通機関やホテルと似たようなものです。多くの交通機関やホテルでは、お盆や年末・大型連休など人が殺到する時期は料金が高く、それ以外の時期は料金が低く設定されています。
合宿免許も多くの方が入校される期間とそうでない期間があります。多くの場合、学生さんが多く入校される休暇シーズン(1~3月・7~9月)が繁忙期になります。
関連ページ
合宿免許の小ワザ・裏ワザ:オンシーズン!?オフシーズン!?
合宿入校不可地域って何?
『合宿入校不可地域』とは、"合宿での入校をお断りする地域"のことで、基本的に各教習所が定めています。多くの場合、「教習所のある県内・市内」や「スクールバスで送迎できる範囲の地域」が指定されています。
合宿入校不可地域がある理由は、合宿免許に「通学できない地域からお越しいただいた方に、短期間で集中して免許取得を目指していただく」というコンセプトがあるためです。
友達と同じ部屋に泊まれる?
同室で宿泊を希望される場合は、ご予約の際に入校者様全員のお名前をお申し出下さい。ホームページからお申し込みの場合は、申込フォームの備考欄に同時入校の旨と同時入校される方のお名前をご記入ください。同室にて宿泊できるよう手配いたします(教習所の混み具合によってはご希望に添えない場合もありますので、予めご了承ください)。
また、教習所の中には、複数名で入校するプランがあるもの、グループで大部屋を貸し切れる宿舎を用意しているものもございます。
また、異性の方と同室で入校される場合は、その旨もお申し出ください。カップルプランの取り扱いのある学校をご紹介いたします。
関連ページ
目的から探す:大人数でも同室可能【4名以上でもOK】の教習所一覧
目的から探す:カップルプラン
合宿途中に一時帰宅は出来る?
合宿免許は連続教習を原則としているため、基本的に一時帰宅はお断りしています。しかし、中にはやむを得ない理由による一時帰宅が可能な教習所もあります。そのような教習所でも、期間限定など一定の条件で一時帰宅が可能な場合があります。
一時帰宅には事前に教習所への連絡が必要となります。そのため、ご希望の方は必ずご予約の際にお申し出下さい。一時帰宅分の交通費は、多くの場合自己負担となり、教習所によっては延泊料金が発生する場合もございます。
関連ページ
目的から探す:一時帰宅ができるプランの教習所一覧
合宿免許の小ワザ・裏ワザ:一時帰宅で予定を調整!
教習は厳しい?
教習所の指導員にも色々なタイプの人がいらっしゃるので、気の合う方やそうでない方もいらっしゃいます。
また、教習を受ける態度や言動など、場合によっては厳しく指導される可能性もあります。教習とは命を預かる仕事です。運転とは、自分の命や人の命を奪う可能性がある危険な技術でもあるため、指導員も真剣に取り組まれています。
そのため、指導が厳しいと感じたとしても、今後の安全運転のためにしっかり受け止めましょう。
補習って何?
技能教習は第一段階・第二段階があり、それぞれ時限数と修得基準が定められています。
「補習」とは、修得基準を満たすまでにかかった時間と規定時限数の差のことです。
修了検定(修検)って何?
仮免許証を取得するために受ける試験のうち、技能試験のことを指します。
教習は大きく分けて第一段階と第二段階に分かれており、各段階で学科教習・学科試験と技能教習・技能試験があります。第一段階から第二段階に進むためには仮免許証が必要となり、修了検定とは仮免許証の取得のために受ける試験の一つとなります。
そのため、教習に段階のない限定解除・自動二輪車・大型特殊自動車・けん引では修了検定が行われません。
また、教習に段階のある車種で、入校資格の年齢欄に「修了検定までに満○○歳以上になっている事。」と記載がある車種は、卒業時ではなく修了検定の時点で、法定の年齢に達していなければなりません。
関連ページ
用語集:仮運転免許
用語集:二段階制度
卒業検定(卒検)って何?
運転免許の取得において、教習所を卒業するために受ける技能試験です。
卒業検定に合格すると卒業証明書(技能試験免除の証明書)が発行されます。卒業日から1年以内に住民票のある地域の運転免許試験場や運転免許センターに卒業証明書を持参し、本免許の学科試験に合格する事で、運転免許証が交付されるのです。
教習に段階のない限定解除・自動二輪車・大型特殊自動車・けん引で、入校資格に「卒業検定までに、満○○歳以上になっている事。」と記載があるのは、これが教習所卒業までの最終試験であるからなのです。
関連ページ
合宿免許のモデルスケジュール
電話番号 予約 空き確認