合宿免許・運転免許・車に関する用語集(な~の)

運転免許用語集

合宿免許や運転免許のキーワード(な~の)を50音順に掲載!
気になる言葉に遭遇したら、ぜひ活用下さい!

合宿免許の用語(な~の)

内輪差 4輪ないしそれ以上の車輪を持つ車両が、カーブを曲がる際に回転中心側の前輪と後輪が描く円弧の半径に生じる差のこと。
七点確認 大型二種の発進時などの基本的な安全確認方法のひとつ。
普通車などで用いられる、ルームミラー・左ミラー・左後方目視・右ミラー・右後方目視の五点確認に、車内目視と車両の直前直下の確認を加えたもの。
車両の直前直下の確認は、左ミラーに併設されている専用ミラーで行える。
類語・対義語
五点確認
ナンバー 道路運送車両法により、陸運局の自動車登録原簿に登録された番号。国や地方政府が発行する「ナンバープレート」に記される。

握りごけ バイクで急ブレーキをかけたとき、タイヤの回転が止まり転倒してしまう現象。
入校不可地域 合宿での入校を禁止している地域。
自動車学校と同じ県内やスクールバスの送迎範囲内が対象となる事が多い。
ニーグリップ オートバイに乗車する際の基本的な姿勢の一つで、ひざを中心とした内股全体で燃料タンクを挟む事で下半身を安定して保持する事である。
二段階右折 道路の交差点で右折する場合に、交差点の側端(交差点の輪郭)に沿って曲がる事を言う。
二段階制 自動車教習は、教習段階として2段階に分かれる。技能と学科の二つの科目にそれぞれ第一段階第二段階があり、各科目の試験をクリアすることで次の段階に進む。
日常点検 自動車を安全に使用するため、状況に応じて適切な時期に行われる、自主的な点検のこと。ただ、事業用自動車(自動二輪車と計自動車以外)・レンタカー・特殊な条件のある自家用車(条件には軽自動車が除かれることが多い)は運行する前に、毎日一度行わなければならない。
四輪車の場合、原則として
・運転席での点検(ブレーキ・エンジン・ウィンドウの装備)
・エンジンルームの点検(機械内の様々な液体の量、ファンベルトの張り)
・車の周りからの点検(ライト・タイヤ)
が行われる。
類語・対義語
定期点検
ニュートラル 中立という意味。
AT車は「N」の位置で、MT車の場合はギヤをどこにもいれていない真ん中の位置。
エンジンの力がタイヤに伝わっていない状態。

抜け マフラーの排気ガスの排出効率の良さのこと。
マフラーは太くまっすぐな方が抜けが良く、抜けが良いほど最高出力が高くなる。

熱線 ガラスのくもり除去や防止のため、主に後ろガラスに使われている細いニクロム線。
電気が流れるとガラスが暖められ、くもりが取れる。
燃料消費率 1リッターの燃料でどれだけ走るかを表したもの。
10モード燃費はガソリンの成分から算出した理論値で、60キロ定置燃費は実際に60キロで走行テストしたときの値。
よく耳にされる「燃費」とは燃料消費率のことである。

ノック
(ノッキング)
エンジンがガタガタ鳴ること。ノッキングともいう。
燃料が異常燃焼を起こしていることが原因である。
電話番号 予約 空き確認